2010年 07月 19日
今年は白い花の当たり年?  2010年7月
e0005362_21432480.jpg

             ズミの花                  クリの花

 今年は早春のコブシに始まり、ズミ、ニセアカシア、ミツバウツギ、ヤマボウシ、クリ、ウツギ、ナツツバキ、マタタビなど、白い花の多くが当たり年のように思われます。他の色の花が不作というわけではありませんし、白い花でも不作のものもあったでしょう。花数が少ないと、いきおい目立たず、不作に気づかないだけかもしれません。

 クリの花は例年より多く、花期も長かったように思いますが、ミツバチの姿が少なく、実が豊作かどうかはわかりません。昨日(7月18日)千ヶ滝西区の会社保養施設の庭で見たクリの枝には、直径1cm ぐらいの小さなイガがたくさんついていました。ミツバウツギの二股の袋状の実もたくさんなっています。サルの行動に大きな影響を与えるのは、ヤマボウシとクリの実でしょうか。
[PR]

by k-saru-net | 2010-07-19 21:59 | その他の動物・自然一般


<< 今年もコブシなどに葉枯れ病  ...      軽井沢の別荘地を歩き回るイノシ... >>