2011年 03月 17日
全国の野生動物対策関係者の皆様へ  3月17日 2011年
地震・津波から一週間になろうとしています。原発事故も状況は悪化し、被災者に対する救援が充分とはいえない状態が続いています。

日頃、地元住民との接触が多く、サバイバル技術に強く、行政との連携作業を積み上げてきている野生動物対策関係者は、現地ではきっと力強く事態にあたっておられると信じています。現場から遠く離れている関係者も、何ができるのか模索していることと思います。

私も、今なにが求められていて、なにが出来るのか、答えがあるわけではありません。とりあえず、情報の収集と発信につとめようと思います。電話や携帯が充分に機能しないなかで、インターネットは一つの有力な伝達手段です。いわゆる風評・トンデモ情報を避ける科学的な検証は必要でしょうが、メーリングリストの連携やウェブサイト情報の紹介など出来ないでしょうか。

野生動物対策関係者の中には、アマチュア無線が出来る人も多いと思います。こんな事なら始めから3級免許をとっておけばと思っていますが、4級のトランシーバーでも現地からの無線を受信できる可能性があるかもしれません。その辺の事情に強い人がおられましたら、お教えください。わたしの場合、仕事をしながらでも、受信する事が出来ます。

まずは、声を上げてみませんか。そこから、ネットワークを作っていきませんか。

追記 
吉田 洋さんのサイト「クマの足跡」に近況情報が出ています。

追記2
長野県環境保全研究所では、毎日長野市での空間放射線測定結果を発表しています。
[PR]

by k-saru-net | 2011-03-17 07:42 | メッセージ


<< 被曝する放射線量の単位シーベル...      地震・津波被災者の低体温症につ... >>