<   2006年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2006年 04月 29日
06.4/18 旧軽住民によるサル群追い上げの成功例   報告 T.M.

前日17日、六本辻東から群れを追い、予定の方向とは45度ずれながらも、700mあまり東の山へ群れを追い上げる事が出来たのに引き続いて、今朝18日早朝は、意図した方向へ群れをコントロールしながら、離山中腹まで約800mの追い上げに成功しました。簡単に経過を報告します。
e0005362_2136548.jpg

5時頃から2名で群れの位置確認。3頭とも信号音はA点周囲で強く、離山線沿いの北側に子供を含む十数頭は目視出来るのだが、数が少ない。さらに北側の別荘地を見たいのだが、A点北には1軒、サル追いに立ち入ることを猛烈に拒否する家があるため、周囲をぐるぐる回る

5:50,A点のグループが西南方向に移動を始めて軽井沢高校グラウンドに入ると同時に、B点にいたと思われる大きなグループが東から高校内に侵入を始め、急いで高校南側の国道18号へ廻る。その時点で、旧軽井沢住民グループ3名が加わり、高校正門付近で国道の両側に出ていたサルの一団を北へ追い返す。追い払いの5名は、3人が西側を巻いて離山地区に侵入されないよう牽制し、2名が直接群れを北へ追う。西側はマンションに入っていないことを確認、離山線からグラウンドにはいり、高校内に残る20頭ほどを離山線北へ追い上げ。

西への移動を強く牽制しながら、5人がほぼUの字になりながらまっすぐ北へ追い上げ、D点南西で道路を越えて離山斜面に上がって行くのを確認。群れは大きく2グループに分かれ、西よりのグループは約30頭、東よりのグループは約50頭で山腹を上り、D点で合流したものと思われる。群れがほぼ上に上がったのが6:45,4〜5頭の逃げ遅れを追い上げたのが7時頃。1時間の攻防でした。

[ 総括 ]
* 高校から国道へ向かった動きは、高校西の歩道橋を渡って線路の南を狙ったものと思
われるが、発見が早く機先を制する事が出来た。
* 5人のチームワークが良く、U字型の包囲が崩れなかった。
* 追い上げを始めると、サルの動きに合わせて動かなければならないので、トランシー
バーや携帯で連絡しあう余裕がない。大声で吠えながら追うことで、お互いの位置関
係が判り、包囲陣を崩さずに追えた。
* 前日までついてまわっていたテレビ取材陣がいなくなり動きやすくなった。テレビカ
メラはサルを正面から撮りたがるので、群れの前面に出ることが多く、邪魔である。
追い払い部隊の横か後ろについてきてくれる人以外は取材拒否も考えた方が良さそ
う。
* 旧軽商店街では大勢でしらみつぶし作戦もあるだろうが、別荘地での追い上げは多く
ても5〜6人の方がやりやすい。
* 毎日違うメンバーだから、成功例・失敗例をきちんと解析し、他のメンバーにも伝え
ていく事で、グループ全体の追い上げ技術をレベルアップ出来る。

[ 4/16旧軽井沢商店街 4/17追い上げ の報告  ]
順番が逆になりますが、16日早朝、旧軽井沢ロータリーの南300mで起きた人家侵入被害の前後の経緯および翌日の住民による追い上げの報告をします。
e0005362_2141610.jpg

16日、6:00頃、群れの本隊はA点北100m付近の樹木や家の屋根上。10頭ほどがB点の八百屋店先の道路や周囲の商店に屋根に待機して、八百屋が開くのを待っている。開店には間があるので、A点の群れを東へ追えばBのグループも移動するのではないかと思い、Aの本隊を追い払いにかかるが、大きなホテルの屋上に上がってしまい移動しない。
八百屋開店の時間になり、テレビ取材陣が店先で被害が起きるのを待っているため、やむなく店の防衛にまわる。野菜を狙って来るサルをしばらく追い払って、8時頃A点の本隊を見に行くと、ホテルの南側で民家の屋根上でミカンを食べている複数のサルを見つける。玄関が開いている民家を見つけ、額縁などが散乱しているので、玄関に近づくと、気配に気づいた中型のサル3頭が飛び出してくる。玄関内に大声で声をかけ、しばらくして出てきた家人にサルの侵入を伝える。まだ、奥に残っているようなので、逃げ道を開けておいて、奥の居間に入ると小型のサルが2頭。被害が増えないよう静かに追い出すが、すれ違いざまに1頭を蹴り上げる。玄関脇の応接間にも小形の1頭が残っていて、ガラス戸を割られないように静かに追いだす。
被害は、ミカンの他、糞尿で汚された布団と玄関に飾ってあったいくつかの額縁。侵入される1時間前から爆竹や放送で注意を呼びかけていたにも関わらず玄関の施錠がして無かったようです。今回の被害者は初めてのことで、気の毒なことでしたが、度々侵入されている家もあり、被害者ではありますが、不注意でサルを誘引しているという自覚をもってもらうことも必要でしょう。家庭菜園の被害額は数百円〜数千円ですが、人家侵入の場合は布団や絨毯を汚され、ガラスを割られたりすると数万円〜数十万円の被害額になる事があります。また、赤ん坊が寝ている所に侵入されたりすると、被害金額では表せない大事にいたる可能性もあります。

その後群れはA点周辺で騒ぎ、昼頃にはロータリー付近を西へ渡ったということです。目撃していた人の話では、日曜で観光客が多く、サルの写真を撮っていたりして、サルは「人気者」になっていたらしい。ロータリーを渡るとき、周囲には監視隊の姿は無かったという事です。観光客との安易な接触を許していると重大な人身被害が起きるようになる可能性があります。観光客には説明し、追い払いを徹底する事が必要です。

夕方6時頃、群れがD点にいたとき、B点の八百屋周辺に3頭以上のサルが残っていて、野菜を狙っていました。群れ本隊との距離は1キロ近く。前の週にもロータリー周辺で店が開くのを待っていて動かない状態があり、この店がサルの誘因になっていることが明らかです。店の若い人にはそのことを説明し、対策を頼みました。さっそく、隣家との隙間からサルが出てこれないように工夫していましたが、さらにネットで左右と上を囲い、雨よけの庇を出して上から野菜が見えなくする、歩道にせり出して野菜を置かない等、被害を断固として防がないと、サルを呼び寄せて周囲に迷惑をかける存在になるでしょう。また、群れから離れてまでこの店を狙うサルがいる以上、夜明け前から店の前に2時間ほど、檻を仕掛ける事も考えられます。 

17日早朝、旧軽住民による追い払いが行われ、E点に泊まっていた群れを北へ追いました。テレビ取材陣もいて、総勢が10人を越えて集まり、群れの動きが速く捕捉仕切れない内に、雲場池東側を北上。旧軽方向へ行かせたくないので、北側にも人を配置し、さらにその時点でF点にも群れの一部がいたためか、群れは雲場池に北端にある橋を渡り西側へ移動。住民部隊が爆竹等で西の山へ追い上げて、7時半にはG点に達しました。雲場池に遮られてサルも人間も動きが難しい場所でしたが、市街地から山へ追うという目的は達成出来ました。
[PR]

by k-saru-net | 2006-04-29 21:37 | メッセージ
2006年 04月 11日
  06.4/10 早朝 南ヶ丘から追い上げ 報告  4.11. T.M. 
4月11日の朝日新聞に、前日の南ヶ丘からの群れの追い払いについて報道されましたが、詳しい報告と、私の記憶違いによる誤記の訂正を書き送ります。記事中に、サルが線路南に「今年に入ってから、群れごと入ったのは初めて・・・」とコメントしましたが、1月12日以来で2度目でした。

今年に入ってからの線路南への侵入は、本格的なものは4〜5回ですが、数頭程度の小規模なものを含めると10回になります。1月12日は群れ全体が警察署西の歩道橋南の日大寮周辺に侵入し、ほぼ300mの範囲に散開しているのを、今回と同様のやり方で北側へ追い返しました。今回に較べると、群れの広がりは小さく、日大寮周辺は川が無い平坦な地形で、道路のつながりも良く、追い返しやすい場所でした。3月21日には、約50頭が警察署西の歩道橋から侵入し、一部は800mほど進んで地図上のD点とB点中間まで達しましたが、マロン含むグループは警察署東の陸橋周辺に残っていました。今年に入っての侵入は、いずれの場合も一人で北側への追い戻しに成功しています。

[ 4月10日の侵入と追い返しの経過 ]

e0005362_191061.jpg


朝6:35に国道18号を西から東へ群れの信号音を聞きながら車で走り、軽井沢高校東端で北へ左折、さらに離山線の角を左折し西へ。国道より離山線では信号音が弱まり、群れの位置はさらに南と判断し、C点北西200mで線路をくぐり南へまわりました。その時点ではC点にはサルはおらず、D点の歩道橋南端に数頭を発見。すぐに北へ追い返しましたが、信号音は付近で強く、線路沿いの道を東へ探し、6:45南のA点にまわったところで、子連れを含む10数頭を発見。D点方向へ追うが、その集団は西のB点へ移動する。B点には既に20頭ほどの集団が数軒の人家の周囲と大きな保養施設敷地に群がっていました。B点で北東の歩道橋方向へ追うが、一部は反対に川を渡って西へC点南の林へ逃げ込みました。

C点にまわと、線路の南の畑に20頭ほどの集団が地上で採食中。車を置いて、7時すぎにその集団の西側を追いながら南下。川を渡り、集団の南西に回り込み、集団をB点からさらに北東へ追う。D点の歩道橋南端に近づくにつれ、群れは散開するが、中心にいた子連れの集団をD点に追い、歩道橋を北へ渡らせる。20〜30頭の集団で、中には恐れの声と思われる鳴き声をあげるものもいる。さらにB点とD点の間に散らばる集団を再び南側から歩道橋へ追い上げ、北へ戻す。A点にも子連れの10数頭の集団がいて、北へ追うと順調に歩道橋を戻る。

この時点で、群れの大半は北へ戻ったと思われましたが、まだD点の周囲にぶらぶらしているものがいて、ぐるぐる回りながら追い戻す。最後に歩道橋南端の階段上部で、フェンスにのっていた大きなオスが、北へ戻ろうとする他の小振りのオス達を威嚇しているのを見つける。近づくとフェンスから身をのりだして向かってきたので、こちらも殴りかかる構えで向かっていく。目を睨み付けて向かっていくと、1m程の距離から南へ逃げ去る。この個体は北へ戻ったかどうか確認出来ませんでした。群れの他のオスに突っかかっていたところを見ると、群れに入り込めていない「群れに追随する群れ外オス」と思われます。

車に戻り、線路沿い、A点・B点周囲など、見える範囲にサルがいないことを確認し、8時過ぎ、線路の北側へ行く。歩道橋北端周囲にはすでにサルの姿はなく、軽井沢高校東を廻り離山線に出る。高校の西、大きなマンションの北側に達すると、道路上に、車にはねられたと思われる小猿を見つける。はねられた直後らしく、道路では出血は少なく、歩道へ移動した後、出血が続く。昨年春に生まれたメスと思われる。栄養状態は悪くなく、頭部の打撲が死因のようでした。近くにいた記者が気づかなかったところを見ると、ブレーキ音はなかったらしい。この直後に監視隊1名が現場に到着。道路南のホテル屋上に母ザルと他に数頭が見守っていましたが、子ザルを取り戻しには来られず、死体を回収し役場に運びました。

今回の追い返しでは、7時過ぎから取材の記者が同行した以外は、一人で実行。7時前に爆竹を2発使い、後は犬の吠え声をまねながら徒歩で追いました。パチンコはフェンスで入れない別荘の庭に数発、ロケット花火はD点付近で歩道橋へ追い上げるのに数発使用しました。私はBB弾銃を使いませんが、このような状況ではBB弾銃を使うと群れが散りすぎるように思われます。こちらの意志が伝わるように声を出しながら徒歩あるいは走って追う方がコントロールできるようです。

線路南には小規模の畑が数カ所あり、去年の経験ではトウモロコシの季節に歩道橋を渡らずに直接新幹線のフェンスを乗り越えて侵入したこともあります。今回はドングリを狙っていましたが、今のうちに南側への侵入を徹底的に阻止する態勢を作っておくことが必要です。今年に入って、少数が南側に泊まった可能性もあります。追い払いをすると、逃げながら大きな糞をしていく事が多いのですが、泊まっていた木の下には500円玉ぐらいの小さな糞がたくさん落ちています。歩道橋南端側のモミの木の下に小さな糞が多数落ちていたことがあります。発信器をつけていないサルは、夕方居所を確認しにくいのですが、群れが夕方、警察署から離山地区にかけての一帯にいるときは要注意です。

南側に一部が泊まって定着すれば群れの分裂につながりかねず、また南側への侵入は早朝に多く、入ってすぐなら追い返しも楽ですので、監視態勢の時間を長くする事を考えるべきです。日が短い冬の3ヶ月ほどを除き、監視隊1名は夜明けから、1名は日没までの2部制当番態勢した方がよさそうです。また、排除すべきエリアに入っていたり、近づいているときの追い払い動員態勢を、地域住民やボランティアを含めて用意する事が必要でしょう。
[PR]

by k-saru-net | 2006-04-11 19:10 | メッセージ
2006年 04月 06日
 3/28 軽井沢野生動物監視隊を中心にサル追い上げ 報告 06.4.4.  T.M. 
3/15、旧軽井沢住民による集団追い払いに引き続き、3月28日朝から野生動物監視隊と町役場職員他の総勢20人以上による群れの追い上げが実施されました。主催した監視隊からの報告が待たれますが、とりあえず追い上げに参加した一人として、経過・その後1週間の様子・個人的総括などを報告します。
e0005362_87113.jpg

上の地図上で青い線は3/28のサルの動き、緑の線は私の動き(旧軽繁華街は省略)、赤紫の線は翌29日のサルの動きです。

[ 3/28 経過 ]
前日の27日、群れは湯川を西へ渡り、中軽井沢地区北端から南西方向の鳥ヶ坂に先頭が達した時点で反転し、再び湯川を渡り東側のA点南200m付近に泊まりました。28日は朝早くからA点(石山)付近の草原や斜面で採食(草の実と思われる)。
追い上げ部隊は、8:30町役場裏に集合。A点に向かい、9時頃からA点の南に残る十数頭のサルを北へ追い、群れが石山下の道路の北側斜面に上がったところで一斉に北へ追い上げ開始。直接群れを追い上げる部隊の他、私を含め5人ほどが群れの南側で、離山方向へ行こうとするサルを牽制にまわり、離山用水沿い、長倉霊園上と数匹のサルを北へ追い戻しながら
進みました。A点とB点の中間付近で、群れの発信器の信号音が入らなくなり、かなり離れたところを通過していると思われたので、役場に置いた車に戻り、以後は車で位置確認作業を続けました。

10:00、B点で東へ向かう一群(十数頭・赤ん坊連れ)を見つけ、周囲を見回りましたが、群れを追っているはずの監視隊は到着しておらず、群れの本隊からは遅れている模様。その後、群れの後続はないため、その一群は群れの後尾と思われたので、先へ進み三笠パークの最上部C点に着いたのが10:20.既に群れの先頭はC点に達していて、監視隊へ携帯で位置の連絡を入れる。しばらく監視隊の到着を待つが、群れが移動しているので先へ進み、10:40三笠パーク17番で群れの先頭をとらえる。群れはそこで停滞し採食。再び監視隊に電話を入れ、群れの後続もそろって、その後20分ほど経って監視隊到着。全員集まったところで作戦会議。D点から北へ追い上げたいという事になったところで、群れは既に下り始めていて、南の旧ゴルフ方向へ下るのを阻止するのが精一杯。群れは一気に東へ下り三笠通りを渡り愛宕山南麓へ向かう。

E点(アカデミーヒルズ)付近で群れが停滞している間に追い払い部隊は昼食。その後、群れが旧軽銀座方向へ出ないように、南と東の一本松からパウロ教会通りに人員を配置した上で、群れの追い上げを開始する。出来れば群れを愛宕山山麓を巻いて東の矢ヶ崎川上流方向へ誘導したいところで、旧軽地区内での私の動きは地図には記入しませんでしたが、地図上右端の二手橋から矢ヶ崎川東岸を上流まで電波受信しながらたどると、群れの一部はかなり近くまで達していました。E点から東南に進んだ群れの一部は、旧軽銀座北端のつるや旅館付近に出て、追い払い部隊に追い返され、小尾根を南に下ったグループは一本松付近に現れ押し戻されますが、数頭三笠通りにちょろちょろ出てきました。E点から南西に下る動きもあり、数時間攻防が繰り返され、群れが散らばったまま動きが悪く、旧軽の繁華街からは排除出来ていることで、夕方には追い上げを終了しました。昼過ぎからの雨は夕方には上がりましたが、愛宕山山麓は東西の道がなく、群れの位置確認や追い上げには動きにくいところでした。

一本松で解散後、しばらく位置確認に廻りましたが、多くがE点周辺にいて、マロンを含む一部がF点付近、その他あちらこちらに散っている様でしたが、目視出来るのはありませんでした。
 [ 3/29 翌朝以降の動き ]
翌早朝、赤ん坊・小ザルを含む群れの多数がG点に集結していましたが、E点では東から群れに合流しようとする赤ん坊連れの10頭ほどのグループがH点方向から通過していきました。I点(パウロ教会付近)には親子ザル4組とマロンを含む15頭弱のグループが神宮寺裏からゴルフ橋西にかけて動いていて、本隊に合流する気配もなく、精進場川の西へ行こうとするので、東へ押し戻し、教会北からJ点(一本松東)へ追い上げる。そこでもまだ群れ本隊との距離は500mだが、間に小尾根があり、一人ではそれ以上北への追い上げは困難でした。その後、群れ本隊の方が旧軽銀座方向に移動した際に吸収されたようです。マロンを含むグループは、前述のH点から西へ向かったグループと較べると、群れ本隊を探している様子は感じられませんでした。その後、群れは銀座通りを渡り、K点(テニスコート・諏訪神社)を経て、南西に進んだようです。

3/30 午前中は南下し東雲交差点西側、夕方国道18号駅前バイパス分岐点(新軽井沢
    西三叉路)付近で、一部は旧警察署側に渡る。監視隊2名と北へ追い払い。
3/3 朝 西へ移動し東部小南の旧ニコスグラウンド内の草原で採食。3信号音とも同
   じ場所。
    夕 ハナコは高校付近で信号音。マロンは警察署。線路を渡って日大寮側に侵入
   していた2頭を追い返す。
4/1 朝  高校歩道橋南に侵入していたハナコを含む6頭を北へ追い返す。ハナコ・グ
     リーンを含む約20頭は、高校北側で呼び声を出しながら、離山線沿いを東
     へ。
      警察署前の歩道橋を渡り、日大寮東へ侵入していた7頭を見つけ、警察側へ
     追い返す。警察署東にマロンを含む5〜60頭が固まっていた。昼間は、離山
     線の北側に散開。
   夕  離山地区18号沿いまで進出し、マンション横のレストラン花壇のチュー
     リップ球根を食べる。北へ追い払い。
4/2 朝  離山線両側。ロンギングハウス花壇のチューリップを食べる。北へ追い上
     げ、泉の里北の別荘地へ移動。これで?いいん会のメンバーがたまたま居合 
     わせたので追い払い指導。午前中は泉の里西北端。
   夕  雨の中、東部小東南の平安堂北側へ移動。ホテルサイプレスで泊まる。
4/3 朝  ホテルサイプレス各階南側の客室ベランダで日向ぼっこ。北側へ追い払い、
     東の精進場川両岸へ移動。
   夕 (監視隊情報 旧軽児童館周辺)
4/4 朝  旧軽ロータリー周辺。監視隊1名と追い払い。マロンはロータリー西にいる
     模様。ハナコはロータリーで確認後不明。グリーン他20頭ほどは東側の裏通
     りに散開。追い払うが、やりにくい。

 今回の総括と今後の課題   
  主催した監視隊の総括や参加した役場職員の感想とすりあわせ検討を要しますが、以下
は私の個人的総括です。
* 今回の追い上げは、開始後1時間で勝敗が決していたように思われます。中軽地区か
ら北へ、比較的被害の少ない地域へ追い上げられた事が一番の成果と言えるでしょう。特
にこの冬はまったく利用していなかった離山の北側へ移動した事は、役場でよく言われる「追い払っても、タライの水をかき混ぜるだけ」ではない、確かな効果があるという証明に
なります。
* 一定の方向へ追い上げるには、朝のうちに行うのが効果的で、被害防除には毎朝2〜3
時間の継続的追い上げが必要。
* 司令部は群れの先頭あるいは子連れの集団に密着して、他のメンバーに位置情報と追い
上げの指令を出す事が望ましい。
* もう少し群れに密着したU字型の囲みで追い上げた方が効果的で、群れを見失う事も少
ないと思われた。
* C点かD点に達したところで追い上げを終了しても良かったかも知れない。その時点で
は私自身もさらに北へ追い上げてたかったのですが、時間が遅くなるほど群れはコントロ
ールしにくくなります。
* これまでの追い上げ経験から、20人一度より、10人2回あるいは6〜7人で毎朝とい
う方が効果が上がりそうです。
* 前日の打ち合わせで述べたことですが、3/15旧軽での集団追い払い後、群れの状態が
いくらか不安定で、分派行動が見られる事から、今回も追い上げ実施後の監視態勢と異常
な動きに対応出来る用意が必要と強調しました。しかし翌日早朝マロングループの分派行
動や3/31、4/1一部が線路南に侵入した際の追い返しには、監視隊から誰も来ておらず、
29日以降の監視態勢もほとんど1人でした。群れに強い刺激を与える集団追い上げのや
りっ放しは危険です。
* 4/5には、旧軽住民による2回目の集団追い払いが予定されています。今回の経験を生
かして、監視隊は住民による追い払いを指導出来る態勢を組んで欲しい。特に、群れの分
裂を避けるようにリードする事が望まれます。
**************************************

[PR]

by k-saru-net | 2006-04-06 08:07 | サル追いノート