<   2006年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2006年 06月 04日
遊動域が南へ?  旧軽住民の追い払い 06.6.5. 報告 T.M.
[ ユリ、チューリップとホオノキ ]
昨年、林下にに自生しているウバユリの花を見ないと思っていたら、サルやイノシシが食べ尽くしてしまっていたようです。ウバユリは種から芽を出した年は1枚だけの葉で、何年か経つと根も太り地上部も大きく株立ちして、茎の頂上にいくつもの大きな花をつけます。サルは、株が伸びる前の根を囓ったり、伸び始めた株の根元を食べています。花が咲き終わると、茎の頂上に小さめのキウィー型の実をつけ、乾いて裂けてきたものを振ると、薄く平らな種が無数に出てくるので、このあたりの子供達は「狐のお金」と呼んでいました。(読者から狸のお金と呼んでいたという指摘が寄せられました。狐のお金は全国共通で木の葉とすれば、ウバユリの種は軽井沢の狸の地域通貨?)。種の数が多く、発芽率も高いので、サルやイノシシに食われたからといって、絶えてしまう事はなさそうですが、花を付けるまでに大きくなるものが少なくなっているようです。花壇のユリはもっと悲惨で、去年までにあらかた食べ尽くし、今年はチューリップを抜いて、球根を囓っています。
e0005362_12442762.jpg

上の写真は、植えたばかりのチューリップを次々抜いて、球根を囓るサルです。このように被害が起きている最中は写真を撮る前に追い払うのですが、今回は場所がホテルの正面入り口で、営業目的で植えてある、この写真の10倍もの広い花壇にサルが来て食べているので、追い払う前に撮影しました。営業目的で花を植えることはけっして悪いこととは思いませんが、大量に植えっぱなしの食べ放題では、サルを誘引し、周囲に迷惑をかける事になるでしょう。個人のささやかな花壇や菜園が荒らされると、気の毒で何とかしなければと思いますが、営業目的の花壇や畑が度々サルの侵入を許しているのを見ると、嫌な言葉ですが「自己責任」という事をを考えます。市街地からの追い払いには、積極的に山へ追い上げる住民組織だけでなく、誰もが自分の周囲から追い払うことと、サルにものを食べられないようにすることが重要になるでしょう。
 ( 写真下  5月の下旬には、芽吹いたばかりのホウノキに群がり、開き始めた葉の中心部にある花芽や若葉を食べていました。)
e0005362_1246179.jpg


 [ 旧軽住民組織による市街地からの追い払いが続く ]
4月から始められた旧軽井沢サル害対策部会による、旧軽地区市街地からの追い払いは現在も順調に続いています。早朝、5時前から、群れの位置を確認し、5時半頃から3〜7人のメンバーで方向を決めて追い上げています。丁寧に抑制の利いたやり方で、時間も1時間ほどで無理をせず、終わった後で取りこぼしたサルを合流させるようにしてきました。花火類の使用は必要最小限に押さえ、モデルガンと大声で追っていますが、メンバーの声がお互いに聞こえることで位置が解り、連携プレーがスムースにいっています。これから、別荘民の滞在が増えますが、突然モデルガンを持った人が無言で庭先に現れるより、遠くからサルを追っている声が聞こえて近づいて来る方が、滞在者にとっても安心ではないでしょうか。大声で群れを追っていると、住民が加勢してくることもあります。産まれたばかりの赤ん坊もいるため、群れは追われると素直に山の斜面に向かって逃げるようになってきました。旧軽地区の周辺でも必要と思われる時は出かけて追い払いをしていますが、やはり本来は他の地区でも住民組織が追い払いに出てくる事が望まれます。5月以降の旧軽住民による追い払い結果を下の地図に記入しました。青い丸が出発点、紫の線が追い上げ経路、ピンクの丸が追い上げ地点です。
e0005362_2051765.jpg

早朝、市街地から山へ追い上げた群れが、昼間には戻ってしまうことがよく見られます。昼間、野生動物監視隊による追い払いが充分に機能していません。人数が少ないという事もありますが、意識や技術に問題がある隊員もいる事も事実です。昼間市街地に出て散らばった群れは、夕方そのまま、一つにまとまりきらずに分かれて泊まる事が多く、早朝、発信器をつけた3個体が含まれるグループの他に、思わぬところから遅れて現れる集団があります。夕方は、泊まり場に執着するためか、群れをコントロールするのが難しいのですが、人家や飲食店に侵入しようとするサルを追わないわけにもいかず、結果的に散らばってしまうこともあります。早朝の追い上げ技術は格段の進歩が見られますが、夕方の対応の仕方は今後の課題です。

 [ 遊動域が南にずれ、線路南側への侵入が増える ]
以前の報告で、昨秋はクリが不作だったにもかかわらず、群れの移動が減り、遊動域のうち北側と西側の利用がほとんどないことを書きました。その後、千ヶ滝西区には何度か行っていますが、やはり滞在時間は短く、北側の三笠パークや鶴溜も通過する事はありましたが、泊まった日数は数日にすぎません。行動範囲が南にずれて来たことにともない、国道18号・鉄道線路を渡って南側に侵入するケースが増えています。侵入場所は、西は軽井沢中学校から東の警察署の間で、多くの場合は歩道橋や陸橋を渡っていますが、直接新幹線軌道内に入った事もあります。群れの半分以上が南側に泊まったことや、分派した10頭ほどが、数日間滞在したケースなど、過去には見られなかった行動もあります。

去年、線路南に侵入したのは、私の知る限りでは、ニセアカシアの花を食べに警察署の南に侵入したことや、トウモロコシを食べに線路沿いに点在する畑に入ったケースなど、狙いがはっきりしていました。警察署東側の陸橋より東は広いゴルフ場のため、サルが利用する事はなく、中学校から西は住宅が多く、湯川の西側には連続する林はありません。群れが南へ遊動域を拡げるか群れが分裂して一部が南に移るとすれば、中学校から警察署の間の南側すなわち南ヶ丘・南原地区に侵入し、さらに18号バイパスを渡って、林が連続する塩沢地区・南平台別荘地・風越・発地地区の利用が考えられます。

上の地図に、今年に入ってからの線路南侵入場所を記入しました。緑に塗った地域は、サルの群れが利用可能と思われる連続した森林があるところです。

5月下旬に、南原の住民から、少し前にフィッシングセンターにサルが4頭来たという事を聞きました。役場が来て追い払ったと言うことで、農林係に伺いましたら、5月11日の午前中で、1頭は写真も残っていました。27日にも周辺をうろついていたそうです。役場ではハナレザルと見ていましたが、5/10,11,12,は離山交差点の南、線路南側の小住宅地に子連れの10頭ほどの集団がいて、12日夕方北へ追い返し、離山地区北側を通過した群れに合流しました。22日夕方にも群れの半分以上が線路南側に泊まりました。27日には高校横の歩道橋を渡って南側に40頭ほどが侵入していた事、追われた4頭はフィッシングセンターから北へ移動したということ、小さなサルが含まれていたことなどを考えると、それらはハナレザルではなく群れの先頭あるいは群れの周辺についている集団と見た方が良いと思います。群れの一部とはいえ、ここまで南下したのは私が知る限り初めてです。地図に示したとおり、5月に入ってからの侵入回数が多く、泊まる事もあり、範囲も広がっていることが気がかりです。

5月8日以降の「サル追い日誌」を掲載します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5/8 朝  千ヶ滝西区 あやめヶ原南東 外周線と御影用水間。
   夕  太郎山入り口北西300m。御影用水下堰の南。
5/9 朝  太郎山下、用水に沿って東へ移動。椎茸被害。太郎山に追い上げる。
   昼  せせらぎの里 外周線ヘアピンの下へ追い上げる。
   夕  清水屋山荘西側
5/10 朝 せせらぎの里バス停北。監視隊1名と追い払い。西区事務所周辺から追う。
   昼  星野入り口東。蕨尾橋南から斜面に追う。監視隊3名。
   夕  中軽・第一法規寮。湯川西岸から数頭追い返す。
5/11朝  第一法規寮から監視隊1名と石山へ追う。
   夕  中央公民館北側で人家(留守宅)侵入を監視隊2名住民2名と追い払い。
     (昼間、宝性寺南で人家侵入)
5/12 朝 公民館裏から東へ移動。
   夕  群れは離山お宮付近から泉の里へ。南下して集落に入るのを防ぐ。陸橋南
     東の集落に5〜6頭、北へ追い、合流。
      5/10、11にも子連れを含む10頭ほどが陸橋南東にいたと住民談。
5/13 朝 高校の北東から旧軽6名と離山南東斜面に追い上げ。
   昼  離山線東部小北から北へ追う。
   夕  東部小東。小学校内から野澤橋間。
5/14 朝 監視隊1名と東部小南東の住宅地から北へ追う。別集団が旧警察署周辺に。
      北へ追う。
   昼  六本辻東
   夕 ロータリー西で群れを西へ追うが、反転し町営駐車場に泊まる。八百屋1頭
5/15 朝 旧軽住民と東へ追い、万平通りまで達するが、反転され大塚山頂上から東
      斜面へ。一部は児童館西。
   昼  万平ホテル入り口交差点。監視隊3名と北東の山へ追い上げる。
   夕  旧軽・神宮寺西から一本松方向へ移動。
5/16 朝  旧軽6名と一本松から北へ追い、三笠通りを西へ渡り、三笠パーク直下ま 
      で追い上げ。八百屋に2頭。
   夕  離山線、東部小・高校間。
5/17 朝  旧軽6名と警察署北側から泉の里北部に追い上げ。
   夕 群れは警察の西・北。高校南に2頭、警察南に5〜6頭歩道橋を渡る。押し戻
     す。
5/18 朝 警察南の日大寮に2,線路内に1頭、北へ追い返す。旧軽3名と群れを泉の
      里北へ追う。
   夕  国道18号新軽井沢東三叉路の北。サイプレスホテル北側で八重桜の花を食
      べる。
5/19 朝 旧軽6名、監視隊1名と国道北から離山別荘地へ追い上げ。六本辻北東
      300mに約20頭、雲場池北へ追う。
   夕  ロータリー南・東に散らばる。
5/20 朝 ロータリー南東から北へ移動。旧軽3名。八百屋に2頭
   午後 神宮寺北西200m
   夕  旧軽3名監視隊1名とロータリー周辺から西へ追い払い。
5/21 朝  旧軽2名と町営駐車場周辺から西へ追い払い。
   午後 雲場池南を通って、アローグラウンドへ。
   夕  高校・東部小間。離山線南側の住宅地から監視隊2名と追い払い。
5/22 朝  高校北東角から離山集落方向への移動を旧軽1名と阻止。北へ追う。
   昼  図書館の上から信号音のみ。
   夕  5時過ぎ監視隊1名が群れを離山集落から北の山に追い上げるが、18:40
      約50頭が陸橋の南に侵入。日没のため押し返せず、そのまま泊まる。
5/23 朝 監視隊1名と線路南側の約50頭を北へ追い返す。群れは図書館上から中学
      校上へ移動。
   夕  鳥ヶ坂北300m。森林管理所周辺の段丘に泊まる。
5/24 朝 段丘上に出て、西のせせらぎの里方向へ移動。
   夕  千ヶ滝西区、あやめヶ原バス停の北。南西へ追う。夜、旧軽公民館で旧軽
      サル害対策部の集まり。
5/25 朝 鳥ヶ坂の上から下の畑に下りるのを2時間阻止。群れは北へ300m移動し、
      東へ下る。
   昼  国道146、ブレストンコート南側から湯川東岸へ。
   夕  南下し第一法規寮。湯川西岸でネギ苗被害。監視隊2名と追い払い。
5/26 朝 石山の南。住宅地で白フジの花を食べる。長倉神社側から一部北上。監視
      隊2名・住民3名と追い払い。
   夕  病院駐車場から医師住宅・マンション周辺に泊まる。
5/27 朝  医師住宅〜社会体育館駐車場〜中学グラウンドから約50頭が線路を渡
      り、新幹線高架付近へ。住民1名と追い返す。雨宮池から東へ。8:20資
      料館下。
   昼  約40頭が高校歩道橋を南へ渡る。北へ追い返す。群れの半分は高校付近。
     電話で監視隊(猟友会)会長に報告すると「あんたら(旧軽住民と私)が追 
     うから群れが散らかって、2つに分かれるんだ。もう電話するな」と発言。
5/28 朝  東部小西側。旧軽2名。霧・大雨で追えず。3信号音とも入るが目視数は
      少ない。北へ移動。
   昼  雲場池経由でロータリー南西300mへ達し停滞。
   夕  町営駐車場裏・静山荘から監視隊2名と北へ追う。60頭以上は確認。八百
      屋3頭。
5/29 朝 パウロ教会東に15頭、北へ追う。旧軽7名と一本松周辺の群れを北の大モ
     ミの木方向へ追い、アカデミーヒルズまで上がる。その後南東に200mほど
     下る。
   夕 離山線・鳩山通り交差点から旧軽4名と南へ追い、六本辻南西200mに泊ま
     る。
5/30 朝 旧軽8名と六本辻南200mから雲場池南〜アローグラウンド〜嘉悦学園西の
     山へ70頭以上を追い上げ。その後、東雲交差点東に約10頭、西へ追い、六
     本辻方向へ。10時頃諏訪神社付近を南下する10頭の情報。
   夕  高校・警察署間。
5/31 朝 ニコスのグラウンド内。西側の新住宅地・北側の住宅地にも。住民1名が追
      い払い。
   夕  アローグラウンド西側の林。
6/1 朝  アロー北と恵シャレー(マロンと少数)の群れを旧軽3名と北西の山側へ
      追い、離山別荘地へ。
   夕  ロータリー南西300m、川沿いの飲食店2軒に侵入。旧軽4名・住民1名と
      追い払い。八百屋1頭、中電2頭。
6/2 朝  ロータリー西に40以上、八百屋4頭を旧軽8名監視隊1名と南東へ1km追
      い、釜の沢へ。残り約30が後か
      ら、旧軽クラブ付近から出て、新造成地を通り、合流。
   夕  静山荘裏からゴルフ橋西を通過。3信号音共に入る。
6/3 朝  旧軽5名監視隊1名とゴルフ橋北の群れを北西に追い、三笠パーク直下ま
      で。後から数十の集団が南側から合流。
   夕  三笠パークを通過し、鶴溜下のT字路南の別荘地へ。3信号音共に。監視
      隊情報は「病院東100m」1.5kmのずれ。
6/4 朝  鶴溜T字路から西へ移動?

[PR]

by k-saru-net | 2006-06-04 13:06 | サル追いノート