<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010年 05月 26日
フジの開花  2010年5月25日
e0005362_5424388.jpg

 佐久・小諸、御代田と標高の低い所から順に開花してきたフジが、軽井沢でも見られるようになりました。サルの群れは離山の北の山地からさっそく下ってきて、夕方には「初もの」に飛びついていました。役場の北3~400m の別荘地斜面には一面にフジがありますので、しばらく定着するかもしれません。ちょうどこの日は花札の絵さながらに、ホトトギスが背後ではじめて鳴きながら飛びまわっていました。今年、カッコウをはじめて聞いたのは5月18日、ツツドリは19日、ホトトギスは25日で、かなり遅れてウグイスは翌26日です。近年、数が増えているように思われるヤブサメとキビタキはずいぶん前から高い密度で聞かれました。

 フジの花を食べて、次はニセアカシアやホウの木の花など、一ヶ月ほど花を中心に動き、その後はサクラやクワの実に移ります。里の森や林は手入れされなくなってフジが繁殖し、特に市街地と別荘地の境界部で目立ちます。ニセアカシアも国道や線路際に多く、そのような場所には家庭菜園が多いため、花を食べるだけではなくついでにネギやジャガイモも被害に遭います。フジ、ニセアカシア、サクラなどがサルを人里に誘引する餌になっていることから、少なくとも前の二つは減らすことを考えた方が良さそうです。

 この春はウバユリがかなり復活していて、サルは茎の地際の柔らかい部分を食べています。以前、ヤマユリが多く被害に遭い、次にウバユリを食べ尽くし、この数年はチューリップを食べていましたが、今年はチューリップの被害がいくらか減って、復活したウバユリをまた食べています。ウバユリは大量の種ができ、3年ほどで5〜6枚の葉がつく大きな株に成長します。葉が一枚だけの小さな株を含めると、高い密度に回復しています。
[PR]

by k-saru-net | 2010-05-26 08:53 | サル追いノート
2010年 05月 23日
満開のコブシ  2010年5月6日
e0005362_124936.jpg
例年であれば、コブシが咲き始める頃にあたる4月17日に20cm の積雪がありました。そのせいか、いつもならコブシが散ってオオヤマザクラと入れ替わる大型連休に入ってから咲き始める木も多く、新緑の中に白い花が5月中旬まで残っていました。4月中であれば、冬枯れの森の中ではあまり美しく感じないコブシの花も、色の濃いオオヤマザクラや新緑の木々を背景に、白が華やかに見えました。
 写真の木は軽井沢の中央部、上ノ原で映したものですが、昨年8月にはこの木も「環紋葉枯れ病」と思われる樹病で、葉をかなり落としていました。昨年初夏から軽井沢の東部でひどかったこの樹病も、今春の開花には影響がなかったようです。あるいは、例年より花の数が多くなったのは、樹病の影響かもしれません。昨夏に葉を落とした枝には、早くから花芽がついていましたが、それ以上のことはわかりません。5月下旬にはいってウワミズザクラやズミなども、例年より花を多くつけています。今年も葉枯れ病が流行するかどうか、6月頃から注意して見ていたいと思います。
[PR]

by k-saru-net | 2010-05-23 13:11 | その他の動物・自然一般
2010年 05月 16日
ハルニレの実を食べる  2010年5月13日

 寒冷地の遅い春ですが、チューリップの球根を食べ、セイヨウタンポポの花、サクラ、若葉と次々餌は替わって行きます。冬の間、前年から残っているニセアカシアの実などを除くと、最初に食べる実(種)がハルニレではないでしょうか。ほとんど気づかないうちに終る地味な花の後、ほどなく枝先に実が集まってつきます。実は1cm ほどのハート形で薄く、中心に小さな種があります。
e0005362_12582778.jpg

 まだ実が若く緑色のうちに、高い梢にのぼって手当たり次第食べまくります。その気合いの入った食べ方を見ていると、味が良いとは思えませんので、他の餌に較べて栄養価が高いのでしょうか。クワの実を食べる時にも見られますが、梢にのぼって食べているグループの下では、上から落ちてくる実や小枝を待って、楽してありついているサルがいます。個性の問題でしょうね。
[PR]

by k-saru-net | 2010-05-16 13:00 | サル追いノート
2010年 05月 03日
夜の軽井沢病院で

 この冬以降、軽井沢町の行政の中心地で、役場、病院、中央公民館、福祉センター(サル追い隊の拠点)等が集まる中軽井沢東地区に滞留することが多くなりました。週1回3日程、東か西へ2~3km 回遊しますが、サルの遊動域の中心が町の中心と重なっています。ちょうど、プロ野球のホームとアウェーのようなパターンで、町の中心地を本拠地にして、別荘地に出かけて行く群れのスケジュールが出来上がっています。

 4月中はまだ畑や家庭菜園が本格的に始まっていませんので、大きな被害は出ていませんが、あちらこちらでチューリップが抜かれました。連休前の軽井沢はまだ氷点下になる日もあって、窓を開けていることが少なく、人家侵入被害も目立ちません。下の写真は4月28日、役場に隣接する軽井沢病院の非常階段から2~3階のベランダに上がるサルです。
e0005362_515438.jpg

 これ以前もなんどか病院のベランダに泊りましたが、今回は10頭ほどと数も多く、サル追い隊が引き上げてから1時間半以上、周囲が真っ暗になっても騒いでいました。正面玄関にもたむろしていて、油断すると内部に侵入される可能性もあります。「病院内を走り回るサルの群れ」なんて想像もしたくありません。写真の場所の横には職員の出入り口があり、勤務あけの職員が次々と出てきますが、誰もサルを追い払おうとはしません。私の他に近所の住民が一人追い払いをしていましたが、非常階段からベランダに上がるわけにもいかず、手に負えない状態でした。中央公民館や役場の職員駐車場周辺でも、住民が何人かで追い払いをしている横を、出勤や帰宅の役場職員がぞろぞろ歩いている光景をよく見ます。その中の2〜30人が立ち止まって大声を出すだけでも、サルは逃げて行くのではないかと思いますが、見向きもせずに通り過ぎて行きます。

 役場のサル追い隊は、サルが寝る30分〜1時間前に帰ってしまい、その後は暴れ放題の状態になります。役場では常々「住民の協力」が必要と言っていますが、必要な事は「住民に協力」ではないかと思っています。住民が何人も出てきて追い払いをしている最中に、時間だからとサル追い隊が帰ってしまうのは、不信感を抱かせます。役場にはBB弾銃の備蓄があっても、現場で追い払いをしている住民にその場で貸す事はありません。

 この時期は朝の行動開始がまだあまり早くはありませんが、畑や家庭菜園が本格化する季節になると5時前から活動を始めて、サル追い隊が到着する7時前まで2時間ほどは、住民だけで追い払う事になります。「住民を指導する」という態度ではなく、住民に寄り添い、住民が必要とすることをサポートするというスタンスが望まれます。啓発・指導すべきは、まずはじめに役場の職員ではないでしょうか。
 
[PR]

by k-saru-net | 2010-05-03 07:36 | メッセージ