<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2010年 07月 29日
ヤマユリの食べ方  7月29日 2010年
e0005362_1803084.jpg
 数年前、ヤマユリや野生のウバユリがサルに食べられて、軽井沢では数が減ってしまいましたが、今年はかなり復活しています。春、ユリの芽が出る頃、引き抜いて根を食べます。しばらくたって、茎が20cm ぐらいにのびた頃、地際の白く柔らかい茎を食べます。そして夏、花が咲く頃・・・・庭のヤマユリが咲くのを楽しみにしている人々のボヤキ、「咲く直前に食べられてしまった」という嘆きが聞かれます。サルにとって、「ユリは3度美味しい」のです。

 さて上の写真ですが、千ヶ滝西区の別荘地で見事に咲き誇るヤマユリの花です。でも、何か物足りない感じがしませんか? 生け花でユリの花を使うとき、花粉が服につかないように雄しべの先の葯を切り取る事があります。この写真のヤマユリはまさにその状態なのです。別荘の持ち主は異常に気づかないかもしれません。花が開いてすぐにサルが葯を食べてしまったのです。ユリを折る事もなく、花を傷つけずに葯だけを食べたのです。
e0005362_20414180.jpg

 今度の写真は、花が開く直前に雄しべの葯を食べたものです。左下の蕾が、ちょうどサルが食べたばかりという状態です。蕾の上側の花びらをちぎりとって、中の葯だけたべたところです。この状態の蕾が開くと、他の3つの花のように上側の花びらが途中までしかなく、雄しべのないユリの花になります。イノシシやシカでは、たぶんこのように手の込んだ事はしないでしょう。ユリの花(キスゲの仲間?)を食べる人間もこんな事はしません。サルにとっては、花粉は貴重な高タンパク食品かもしれませんね。秋につくムカゴを食べるかどうか、確認した事はありません。もしムカゴも食べるようでしたら、「4度美味しい」ということになります。
[PR]

by k-saru-net | 2010-07-29 21:01 | サル追いノート
2010年 07月 23日
別荘の屋根でシラミ退治


 依然としてクワの実の採食を中心に回遊しています。真夏の暑い陽ざしが続いていますが、関東平野と佐久平の峠にあたる軽井沢では、上昇気流が発生しやすいようで、強い雷雨に見舞われます。なぜか、サルのいる所に限って、局地的な強い雷雨がよく起きます。この日も夜の間に雨があったらしく、上り始めた朝日で毛を乾かしながら、何組ものサルが毛づくろいに専念していました。

 毛繕いとかグルーミングと呼ばれ、寄生虫退治の他、毛並を整える、塩をとっている、親交の確認など、さまざまに解釈されてきました。1990年頃から、地獄谷野猿公苑の職員の方々と田中伊知郎氏による観察で、シラミ退治をしていることがはっきりしました。つまみ上げて口に運ぶのは、ほとんどがサルジラミの卵で、ときおり成虫も捕らえる事があり、卵のつまみ上げ方にはいく通りかのやり方があるそうです。(「知恵」はどう伝わるか :田中伊知郎著 :京都大学学術出版会)

 2頭のオトナメスは母娘か姉妹でしょうか。生後2〜3ヶ月のアカンボウも真似ているのが見られます。群れの個体識別や戸籍作りには、このような観察が必要でしょう。特に軽井沢群ではこの数年間、群れ内部のグループ化が起きていることや、市街地・人里の利用増加が見られます。適正な「保護管理」のためには、群れの状態を理解する必要があります。
[PR]

by k-saru-net | 2010-07-23 21:53 | サル追いノート
2010年 07月 22日
今年もコブシなどに葉枯れ病  7月22日 2010年
e0005362_1912086.jpg


 この数年続いている環紋葉枯れ病が、今年もコブシやクリなどに発生しています。上の写真のように、町内のところどころに緑の落ち葉が敷き詰められているように見られることがあります。まだ、鮮やかな緑色を残した葉に、淡褐色や濃褐色の広い斑紋が見られます。昨年は長雨の影響か、町内の東半分でかなりの割合でコブシが夏の終わりにはほとんど落葉し、サクラ・クリ・ミズキ他、多くの樹種にも見られました。林の下草にも見られ、畑の花豆(ベニバナインゲン)やズッキーニにも同様の症状が出ていました。

 昨年、県の林業総合センターに問い合わせたところ、「環紋葉枯れ病」という病名で、前年の病落葉を放置すると翌春それから感染が広がるそうです。薬剤による防除は無理で、落ち葉を焼却処分してで感染を防ぐしかないようです。昨年、役場に町内への注意喚起をお願いしましたが、まったく取り合ってはもらえませんでした。

 今年は、昨年に較べると気候が乾燥していますので、今後大きく広がるかどうかわかりませんが、病落葉は早めに焼却するか、生ゴミとして密閉して回収した方が良さそうです。


追記
10月30日に長野県環境保全研究所でニホンジカの研究発表会がありました。その会場で、県林業総合センターの岡田さんに、この樹病についてうかがいました。下草や畑は違う病害ではないかという事でした。

[PR]

by k-saru-net | 2010-07-22 13:12 | その他の動物・自然一般
2010年 07月 19日
今年は白い花の当たり年?  2010年7月
e0005362_21432480.jpg

             ズミの花                  クリの花

 今年は早春のコブシに始まり、ズミ、ニセアカシア、ミツバウツギ、ヤマボウシ、クリ、ウツギ、ナツツバキ、マタタビなど、白い花の多くが当たり年のように思われます。他の色の花が不作というわけではありませんし、白い花でも不作のものもあったでしょう。花数が少ないと、いきおい目立たず、不作に気づかないだけかもしれません。

 クリの花は例年より多く、花期も長かったように思いますが、ミツバチの姿が少なく、実が豊作かどうかはわかりません。昨日(7月18日)千ヶ滝西区の会社保養施設の庭で見たクリの枝には、直径1cm ぐらいの小さなイガがたくさんついていました。ミツバウツギの二股の袋状の実もたくさんなっています。サルの行動に大きな影響を与えるのは、ヤマボウシとクリの実でしょうか。
[PR]

by k-saru-net | 2010-07-19 21:59 | その他の動物・自然一般
2010年 07月 19日
軽井沢の別荘地を歩き回るイノシシ 7月2日 2010年



 7月2日、蕨尾地区東南端、造成中の別荘地を歩き回るイノシシを見つけました。軽井沢町役場から約1km ほどのところで、別荘地の中には100m 以内に5〜6軒の常住家庭もあり、朝夕何人かの児童が通学しています。しばらく観察した後、役場のサル追い隊とともに爆竹で追い払いましたが、山の中に帰る訳ではなく、ただ姿を消したにすぎません。

 曇り空の夕方だったため、画像はよくありませんが、体つきの割には身軽に動き回りそうな様子がわかるでしょうか。まだ小振りの成獣でしょう。今朝(7月19日)にも、千ヶ滝西区の別荘地でイノシシに遭いました。やはり周囲には常住者もかなりいるところで、3連休ということもあり10組ほどの別荘客が散歩していました。

 イノシシの捕獲は猟友会を中心に進められています。晩秋から冬の間は、ドングリを食べて脂がのり、食用に利用されることもありますが、今の季節、捕獲現場で血抜きや内蔵の処理が難しく、利用されずに埋められる事が多いようです。シカについては、最近積極的に利用が進められていますが、イノシシはまだ組織的なシステムが整っていません。解体は個人にまかされていて、食品衛生法にかない商業的に利用できるケースはまだまだ少ないようです。群れをつくるシカの場合は、大きな捕獲檻で一度に多数の捕獲が可能になって、コスト面からも利用が一歩進みそうですが、イノシシはせいぜい家族単位での行動です。

 人家近くでは、銃器による捕獲が出来ず、ワナや檻で一頭捕まえても、残ったイノシシがその場所を危険なところと認識する事はないようです。出産数も多く、里に出るイノシシを捕っても、またすぐに出没します。行政的には、捕獲に報奨金をつけるだけでなく、利用や販売まで見通した、一貫性のある対策が望まれます。
[PR]

by k-saru-net | 2010-07-19 08:48 | その他の動物・自然一般
2010年 07月 18日
「コノフトドキモノメ〜!・・・・・ゴメンナサイ」
e0005362_9304163.jpg

 毎日続いた雷雨の夕方、雨がやんでクワの実も充分食べて、あとは寝るだけという時間のオス・メス・アカンボウです。
e0005362_9335138.jpg


 ブログのデザインを変えてみました。写真が少し見やすくなるようにと思いましたが、いかがでしょうか? 写真が大きすぎますが・・・・・こうしないと動画がおさまりませんでした。また、時間のある時に工夫してみます。
[PR]

by k-saru-net | 2010-07-18 09:34 | 写真
2010年 07月 04日
サル追いについて・・・自助・共助・公助
e0005362_20532060.jpg
 上の写真は2010年5月14日撮影した、レッドと呼ばれている発信器をつけたメスザルとその新生児です。

 現在、町役場では7人の職員が軽井沢群(K群)に交代ではりついています。3年前に、それまでの猟友会による監視活動から、推定3倍以上の予算をつけて、臨時職員を雇用し、サルの追い払いを始めました。それまで、早朝にボランティア(旧軽井沢地区の対策部会等)が山地に追い立てた群れは、猟友会が担当する昼間、再度市街地に侵入し被害を出すという事が続いていました。

 その時期、大量捕獲をきっかけにK群では群れの中のグループ化が進み、次第に山地への追い立てが難しくなります。グループ化については、また別に書きたいと思いますが、役場に交代した当初はかなり積極的に追い立てを行っていました。現在、被害が起きている現場からの追い払いは出来ていますが、望ましい方向への制御は出来なくなってきました。去年から、市街地内やそれに近接する別荘地を回遊することが多くなっています。遊動域は人里に集中してきています。

 サル追いについては、各地で被害が起きている現場からの「追い払い」が行われ、一部では遊動域を人里から山へ移す目的の「追い上げ」の可能性が考えられていました。被害が起きる場所から比較的起きにくい方向へ、群れを制御しながら追っていた我々ボランティアのやっていたことに対し、「追い立て」という呼び方を、長野県環境保全研究所の陸さんが提唱されました。「追い立て」を継続することで、次第に「追い上げ」につながることを期待していました。現在は遊動域として利用されていない東北部の山地(国有林)の縁(白糸ハイランドウェー)まで、当時は度々追い立てが出来ていました。3年前に較べると、現在の遊動域は縮小し、市街地と別荘地に集中しています。

 対策の目標・ビジョン、方法論、結果の検証などのないまま、多額の予算と多くの職員を使っていますが、3年前の追い立てに比較すると、現在群れの制御に関して状況は後退しています。これまでの対策と結果を、役場以外の関係者を含めて検証し、システムを変える必要があります。一年に一回、一時間半の対策協議会(野生動物全般)での検討だけでは、まったく不十分です。

 阪神大震災の後、災害対策について「自助・共助・公助」という概念が言われています。災害に際して、自分で対処できる力をつける「自助」、周囲の人たちと助け合う「共助」、行政が助ける「公助」の三本立てで対策を組み立てるということです。

 この考え方でサル対策を考えてみます。家に侵入されないように戸締まりを徹底したり、畑や家庭菜園にネットや電気柵を張るのが「自助」。イノシシやクマのような危険がないサルの「追い払い」も、お年寄りなどの困難な場合もありますが、出来るだけ「自助」するのが望ましいことです。最低限の「追い払い」は素早く自分ですることが被害を減らし、その場所がサルにとって望ましくない場所と認識させることにつながります。

 集落内外の環境整備(野生動物にとって魅力のない環境作り)は一軒だけでは効果がありません。集落から被害のでない方向への「追い立て」も、時間帯にもよりますが、集落全体で取り組む「共助」が効果的です。旧軽地区で対策部会が行った朝食前のサル追いは明らかに効果があり、継続的に行われるうちにサルの方も「追い立て」られる事が習慣化して、手際良く移動させられるようになりました。昼間でも、地域の住民が何人か追い立てに参加すれば、役場職員だけでやるより効果が上がるでしょう。

 「公助」の役割は、個体数調整や有害駆除の他、「自助」「共助」のシステムをスムーズに動かす事も重要な仕事です。電気柵に対する補助はそれにあたるでしょう。しかし現在、地域住民による「自助・共助]にとって一番必要な野生動物の情報が伝わりません。サルの位置情報は、夕方のFM 軽井沢モンキーリポートは6時前に一回だけ放送されます。役場のホームページにあるサル・クマ ナビネットは翌朝まで更新されません。「自助・共助」の出発点である情報が伝わりません。

 役場の対策予算や人員が増えるにしたがい、サルが周囲に来ても苦情を言う以外、一般の住民はほとんどが何もしないことが多くなりました。役場に任せて、旧軽のボランティアが活動をやめた昨年から、旧軽の中心部に群れが再び入るようになりました。たまに自前のBB弾銃やパチンコを持って出てくる住民もいます。現場で職員がトランシーバーやBB弾銃を貸し出せれば、共同歩調でスムーズに「追い立て」が出来るでしょう。住民が「苦情とあきらめ」から「自助・共助」に転換することで、対策は大きく進むでしょう。その前に役場の意識転換が必要です。


[ 追記 ]  7月8日
 役場では7月1日から、夕方5時のサル(K群)位置情報をメール配信を始めました。軽井沢町役場のホームページから入って、[ トップページ各種ごあんないくらし>>環境メール配信サービス>>メール配信サービスのご案内 ] で登録しますと、毎日自動的に配信されるそうです。このシステムは役に立ちそうです。
[PR]

by k-saru-net | 2010-07-04 22:45 | メッセージ