人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2005年 06月 03日
サル追いノート 6月3日  サル追い報告 記録5. S.M.1 S.M.2
今日はお天気もよく、サルたちものんびりと別荘地を移動して歩きました。特に、いたずらもなく、穏やかな一日が過ぎましたが、午前と午後、2度にわたって三笠通りを渡りましたので、監視隊のTさんと一緒に、サルが無事に渡れるように交通整理をしたり、見守ったりしました。特に危険な1歳のコドモザル、年子を抱えた母ザルなどは車に止まってもらったりしました。
記録5
6月3日(金) 晴れ
6:00・・・離れ山リゾート、旧軽ゴルフ場南側         T.M. S.M.1

10:00・・一本松付近、三笠通りの南側別荘地      ここからはS.M.ふたり
   陽だまりの草地に11頭集まって草や藤の花を食
べる。他、散らばってくつろいでいる。
10:30・・北方向へ移動が始まる。川を渡り、三笠
通りを横断する。(監視隊のTさんが無事に渡る
のを見守る。以前、Tさんの目の前ではねられ
たことがある地点だそうだ。)
11:00・・愛宕山別荘地でえさを求めて移動。
11:30・・さらに北へ、愛宕山の別荘地にて、周囲
に30頭ぐらいを観察しながら静かに、ゆっくり
追いかける。
この地点で、札付きの悪いオスザルを確認する。
   周囲のさるたちをおびやかしていた。
12:00・・1軒だけ定住者がいたので、鍵をかけて
と注意する。 
ここでは栗、笹、ハルジオン、ハルニレの種、白
い花(?)タンポポ、錦木の若葉を採食していた。
12:09・・突然、複数のサルたちの騒ぐ声が聞こえ、
いっせいに声のする方へ走る。
   一見、やじうまのような行動かと思ったが、危険
を察知して、その場を離れたという行動らしい。
12:45・・一本松の日本女子大寮がお昼の休憩場
となった。
13:30・・移動始まる。一本松バス停の交差点を渡
り始める。朝と違って、交通量が多い。Tさん、
T.M.さんと、サルが無事に渡り終えるまで、交
通整理を行ったり、見守ったりする。
14:00・・・道路を渡り終える。
   この時、アカンボウを抱える母ザルのお腹からへ
その緒がぶらさがっているのを発見、最近産んだ
もよう。
15;00・・・雲場方面へ、草などを採食しながら移
動。この途中、例の悪いオスザルが庭にある神様
の供物を狙う。追いかけて、石を放る。木に登っ
て逃げられる。ここで、サル追い終了。
17:00・・・旧軽児童館西400メートル、ロータ
リー付近   監視隊の情報より
18:00・・・鹿島の森橋から南100メートル付近
が泊まり場となる。TM・SM1

鹿島の森の、別荘地の定住者で60歳前後の女性と話す。
「サルがいっぱいいますね」「そうですね」
「サルはいやだわ」「どうしてですか」
「野生動物はバイキンを持っているからいやなのよ」
「わたしはサルを山へ追い上げることをやっている
の ですよ。」
「あんなの駆除してしまえばいいのよ」
「家の鍵かけしてくださいね。」
「いつもやっているわよ」

サル追いノート 6月3日  サル追い報告 記録5. S.M.1  S.M.2_e0005362_17523317.jpg
6月1日と2日に目撃した、悪いオスザルの話
集落付近に群れが通りかかると、単独で、人家に入っ
て食物を獲ることを覚えてしまったオスザルを、今日
の昼、愛宕山別荘地で確認する。
30頭の集団の中でまず、このオスザルは
・母子ザルを追いかけまわす。
・ よそのアカンボウが近づくと、手の平でたたきのめす、
  (母ザルがひっくり返ったアカンボウをサッと抱き
   かかえて逃げる。)
  ・他の母子ザルを威嚇する。
サル追いノート 6月3日  サル追い報告 記録5. S.M.1  S.M.2_e0005362_17533414.jpg
・ 1頭のコザルを威嚇する。
・ 3頭のコザルを追い掛け回す。
    (20分の間にこれだけの悪をはたらく。)
  ・その後、供物を狙って失敗。

       
特徴
  ・座ったときの体長は50センチぐらい
  ・顔は面長、ピーナツ型
  ・毛色は薄く、お尻はピンクできれい
  ・全体に身ぎれいな感じ
 ※ 今後このサルを見かけたら、どんな場合でも、石
   をぶつけてみようかと思う。
   人馴れをくい止め、群れから引き離せるかどうか。

サル追いノート 6月3日  サル追い報告 記録5. S.M.1  S.M.2_e0005362_1753143.jpg

by k-saru-net | 2005-06-03 17:35 | サル追いノート


<< サル追いノート 6月5日、5:...      6月1日  「交通事故・・サル... >>