人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2005年 06月 10日
サル追いノート 6月10日 歩けない子猿  T.M.
10日朝は上の原からセキレイ橋方向に降ろそうと追うが、斜面を下りたがらず、西に
行かないよう平行しながら、旧プリンスホテルまで移動。ホテル敷地内に逃げ込まれ
てしまい、手が出せない。 7時前、群れの一部が旧プリンスホテルに逃げ込んだと
き、取り残されて電線の上で泣き叫ぶ小猿がいた。下に行ってみると、電柱を支える
斜めに張ったワイヤーを両手だけで降りてくる。最後は地上2mぐらいからドサッと
落ちて、私の足から1mの地面で鳴きながらゴソゴソ動いている。5/17車にはねられ
た小猿と思われる。ホテルの敷地内から5〜6頭すごい勢いで威嚇してくるのを脅し
返していると、静かに母ざるが子供をとりに来て、足下の小猿を連れて行った。威嚇
してきたサルたちは騒いでいるだけで、取りにくる度胸はないらしい。

この日は13:00までSM1・SM2さんが観察していて、昼頃に役場から2人通報を受け
てサルの追い払いに来たようです。夕方の位置情報では借宿帰農にいるということで、
畑の多い地域を探して見ましたが、借宿・大日向には入った形跡は見あたりませんで
した。横道下バス停の外周線下に群れていました。バス停付近で、監視隊のTさんと
立ち話で、ハナレザルの状態を聞いたところ、以下のようなお話でした。(私の記憶が
曖昧な部分もあります)

「千が滝東区に2頭、南が丘(日大寮付近)に6〜7頭(よく通報があるが、行くともう移動している)、鶴溜、三笠パーク、長倉神社付近、など。たぶん、軽井沢の群れから出たオスではないか。」

これらのハナレザルが軽井沢の群れから出たものであれば、いずれ他の群れを探して
移動していくため、現在もそのままいるかどうかは判りませんが、日大寮付近の一群
は定着している可能性があるので、アカシアの花が落ちているのを目印に、一度追い
かけてみる必要がありそうですね。他からきたものであれば、すでに軽井沢の群れに
入り込んでいるのもいるでしょう。SM2さんが「ワルオ」と名付けてマークしてい
るオスもそんなハナレザルだったのかもしれません。

11日朝は、横道下から北へ追い上げ。夕方には湯川の東、石山の下に移動。

12日(日)、5時からまだ寝ているサルを起こして、山側に追い上げる。石山下の道
路を渡る際に、SM2さんの観察では、新生児が19頭以上いるようです。夕方は甲山・
沓掛学荘の西側にいて、かなりの住民が追い払いに出る。山側に追い上げようとする
が、最後は公民館方向に移動。監視隊のTさんも役場からの要請で追い払い。日曜日
の6時といえば、風呂上がりにビールでも、という時間ですよね。中学から図書館方
向に行くと思われましたが、住民の追い払いで逆戻りしたかもしれません。

by k-saru-net | 2005-06-10 08:20 | サル追いノート


<< サル追いノート 6月10日  ...      サル追いノート 6月7〜9日 ... >>